• higozono

腹圧を高めるインナーマッスル

更新日:2019年8月17日


 

体幹を支えるインナーマッスル(深層筋)がありますが、その中でも特に自分でも鍛えにくいと言われる筋肉が〝腹横筋〟と呼ばれるものになります。

なぜ鍛えにくいかと言われるかとゆうと単純に腹筋などの動作で働く筋肉ではなく、呼吸の息を吐ききった際に初めて収縮を行うものとなるからです。


若い時はお腹周りがスリムだったのに、歳を重ねる毎にお腹周りが特に下っ腹がぽこっと出できてしまう原因はまさに腹横筋の筋力が落ちてしまっている証拠なのです。

呼吸が浅くなってしまう人もそうなりますね。


この腹横筋が低下してくると、お腹の中にある腹腔とゆう内蔵が収まっている空間の腹腔内圧が下降することで、内蔵が下垂し下っ腹が出てしまいます。

そうすると骨盤の歪みを引き起こし、脊柱にも負担をかけることとなり特に腰痛などの原因になることがあります。この腹圧を上昇することで出っ張ったお腹を凹ませるだけではなく骨盤や脊柱の安定化をもたらし腰痛予防などに有効なものとなるのです。


当院ではこの〝腹横筋〟を楽に鍛えれるEMSトレーニングをメニューの1つとしてご用意してあります。EMS機器は市販でも多くのものがありますが、当院は理学診療用の器具で15センチ奥まで届く複合高周波でのトレーニングができます。実際に腹横筋が収縮するのをエコーで診て、効率よくトレーニングが行えるようなパッド位置を確認してあるので受けた際は皆さん不思議な感覚だったり、今まで使っていたEMSと全然違うとお声をいただいています。

そのほかにも便通が良くなったり、良い姿勢でいられるようになったなどたくさんの喜びの声をいただいています。自信を持ってお勧めできるメニューとなっているので、是非一度体験してみてください。



#comodo #chiropractic #腹横筋 #腹圧 #インナーマッスル #emsトレーニング #大泉学園 #腰痛予防

#下っ腹 #骨盤



閲覧数:475回0件のコメント

最新記事

すべて表示